« いろんな奇跡 | トップページ | 雨ニモマケズ 1 »

2008年5月29日 (木)

未来の子供たち

未来の子供たち
ボランティアスタッフさんにも恵まれ、ポトリ新聞のおかげで13名が決定。問い合わせも多く頂き、定員をもうけることになるなど、本当にありがたい。

益古時計でチラシを見て、陶器市でチラシを見て、ミクシ−から繋がって、農業の事など一緒に勉強したい、神奈川でサーファーしていたけど『六ヶ所村ラプソディ−』を観てサーファーを止め、監督さんにお会いしたい。保育士の資格が役立てばと思って…。など志やそれぞれの思いが結び付き、東京、埼玉、佐野、大平、氏家、宇都宮、真岡、さくら、笠間、つくば、茨城町から益子の地に向かい、一緒に立ち上がってくれることに 感動を覚える。

そうやって、自然にポトリポトリ集まり、ひとりひとりの大事な気持ちも集まり、ポトリましこの会は生まれ『六ヶ所村ラプソディ−』を実行させるのみとなる。

ボランティアスタッフさんとも 映画の後も 繋がっていける気がする。ポトリメンバー内では、いろんなプログラム、アイディアが生まれており、いつやるのか考えるだけで ワクワクする。

みんながリーダーであり、個々を尊重させたい。幸いにも いろんなスペシャリストが揃っている。お話し会をすることで、自分の世界を知ってもらう、情報を共有することで信頼が生まれる。昔の伝統的な農業、技、暮らし、方言、遊びそんなことも伝えていきたい。

それは未来へ。子供達に伝えて、繋がっていきたい。「焦らずにゆっくりやればいいんだよって、スイッチ切って、外に出て深呼吸して、野原を駆け、土を手にとり、草木を見、虫や動物と共にし、何が大切か感じとって欲しい。

土があれば何でもできる、怖がることはないんだよって、木を植えて、育て家もできる。おはしやたんすもできる、お米や野菜もできる、ご飯茶碗だってできるんだよって。その土の中には何億もの動物や微生物がたくさん居て、耕してくれたり、分解してくれたり、それぞれ頑張っているから、私達は土を使えるんだよって。そして大事な水も生まれ、私達も生まれ、やがて土に還るんだよって。」

「最近は 私達が電気を使い過ぎるから、原子力発電所のものすごく危険なゴミを土に埋めるんだって、土に埋めたら、土の中の動物や微生物はどうなるんだろうね、お水だって飲めなくなる、地震で大変なことになるかもしれない。きみたちが大人になったとき、今と同じ 空の色、海の色、土の色、空気があるかな?大人が死に物狂いで真剣に考えなくちゃだよね。きみたちの未来のために。」

そして この映画を観ることで それぞれのフィルターに通し、各家庭で考えてほしい。このままでいいのか?それとも何か行動をおこすのか?

映画に出演している、完全無農薬・有機栽培のお米を作る、苫米地ヤス子さんの言葉が わたしの脳裏にずうっと、ひっかかっていた。ある先生から放射能の怖さを教えてもらったそう。
「中立っていうのはいい言葉はなんだけど、核燃に関しては、賛成か反対しかないんだよって。中立って言葉は賛成なんだよって。だって、反対って言わないし、行動もしないし、なーんにもしないでしょう。ただただ見てるだけだっきゃ。見てるってことは容認してる、賛成派なんだよって。」

ただただ黙ってみてるだけ…。私はまだその一人なのかもしれない。

« いろんな奇跡 | トップページ | 雨ニモマケズ 1 »

コメント

はじめまして。宇都宮在住の者です。

今日、映画 見に行きました。映画や監督さんのお話から、そして 購入した冊子から たくさんの事実を知りました。
知ったうえで、自分が何を感じ、何を選択し、自分が今するべき事はなんなのか。
何事もそうだと思いますが、まずは 知る こと、そして 気づくことからはじまるのだと思います。

事実を知るきっかけを頂きました。ありがとうございます。
とても良い雰囲気の中での上映会、心地よかったです。
次回なにかあれば 是非 ボランティア参加させていただきたいです。

まりさん、上映会にお越し頂き、ありがとうございます。

これからの暮らしの種を持ち帰って頂けたら、幸いです。

私たちの使う電気から、劣化ウラン弾はできている。監督もおっしゃる言葉はとても刺激的だけど、事実です。本当のことを知る勇気、そして行動する力こそ、今、この世で1番大事なのではないでしょうか。

益子にいらっしゃることがあれば、是非お会いしたいですね。Cafeイチトニブンノイチがアジトなので寄ってみてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451244/21255003

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の子供たち:

» 保育士の資格について [保育士の資格]
保育士とは、保育所などの児童福祉施設で子供たちの健やかな育成をサポートする仕事です。 保育士は従来、「保母さん」「保父さん」と呼ばれていたものですが、平成14年に男女問わず「保育士」という名称になりま [続きを読む]

« いろんな奇跡 | トップページ | 雨ニモマケズ 1 »